模索中

mosaku319.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

じゅんさい

仕事が終わり次第実家に行こうかどうしようかと1日迷っていたのですが
体が帰る準備に急いでいる。
いつものお土産物を買い
私は苦手な雨の夜道を懸命に車を走らせていました。
以外にも二時間ちょっとで順調に家にたどり着き
私なりの達成感が~

翌日は、妹の店も忙しく、母にお昼の焼おにぎりをつくり帰る事に。
母はおぼつかない足で外に出て
いつものように家の前に腰掛けて大きな声で見送ってくれました。
そして今日の目的地でもあるじゅんさいの館に向かい
息子夫婦、そのお嫁さんの実家、日頃お世話になっている方々へと沢山のじゅんさいを買い求め我が家へと真っ直ぐらです。
本場三種町のじゅんさいは格別ですから恒例です。
家に着くと玄関前に筍が沢山有りました。
お土産のじゅんさいを配ったり、休む間もなく、筍を茹でたり
注文していた娘の店の商品のジャムが数個割れて配送され
中身が濡れたり蓋が歪んでたりと
その処置に追われ、何じゃこれと呆れるほどに疲れてしまいました。

そんなこんなの1日でしたが、明日も休みなので気持ちは楽です。

じゅんさいの酢の物とじゅんさいうどんで娘達と変わらぬいつもの風景はやっぱり幸せ。
[PR]
by mosaku319 | 2012-05-26 23:30 | Comments(0)

母の日の贈り物

母の日に東京の息子夫婦から素敵なミニ薔薇の鉢植えが届きました。

それはもう華麗で淡いピンク色の小さな花がアーチ型一面にに咲いているのです。

引っ越しで疲れてた私でしたが〜

大きな箱から出てきた贈り物に、すっかり体も心も癒されて嬉しくなりました。
母の日、店は、色鮮やかな花やオードブルだの、お寿司だのって母の日のお祝い一色だよ。って私
なんて皮肉じゃないけど、私達はそれどころか息つく暇もないよねと娘と苦笑いをしてたのですが…

二人の嬉しいコメントも添えられた心優しいプレゼントありがとう。

二人は、いつも、本当に仲が良くて…

でも、この世の中、余りにも不幸な出来事が起こりすぎて、心配が絶えません。
騒がれてる地震の事だって不安でいっぱです。
どうか、貴方たちが、このままいつまでも幸せで平和に暮らせるようにと
   祈ってしまう母なんです
[PR]
by mosaku319 | 2012-05-15 21:57 | Comments(0)

娘の引っ越し

土日の休日は朝から晩まで娘の引っ越しに追われました。
朝からあいにくの小雨で肌寒い日でしたが、
力強い主人の友達が沢山来てくれて本当に助かりました。

今までの市営住宅住まいから一転
三人で住むには大きすぎるほどの一軒家です。
光熱費を考えると大丈夫かしらと心配になるくらいの私。
毎日、毎日、娘は換気扇磨きに疾駆八区したり、台所の壁やドア、テーブル等々にペンキを塗ったり
電気を変えてみたり、自分好みの部屋に少しずつ模様変えをしたりしてこの日を向かえました。

昼過ぎには、みんなのお蔭で無事に引っ越しも終えました。
これから暫らくは荷物の整理に追われると思うけど
持つべきは友達。
旦那様。有り難うございます。
いつも私の娘や孫達に愛情いっぱい注いでくれて。
あなたの力添えのお陰で助かりました。

翌日も娘と二人で明け渡すアパートの掃除に奮闘しました。
二人共、クタクタになりましたが、遣り遂げた
気持ちの良い疲れでもありました。


引っ越しで 娘が悲しんだ事が一つ。
家から鳥海山が見えなくなったと嘆いてました。
でも、また新たな出発の始まりだよ。

私は、今日も職場に着くなり、
朝の日を浴びて美しく輝く鳥海山を仰いでニンマリしました。

共に鳥海山を愛する同士の娘よ

これからは私の方が一足早く鳥海山とご対面だよ。
[PR]
by mosaku319 | 2012-05-14 23:14 | Comments(0)

思い出

栃木の益子へ旅行してから、もう一週間がたちました。


陶器市で買い求めた器は思い出と共に大事にしよう。
夫はみんなで選らんだお土産のマグカップを早速会社に持って行きコーヒーを飲んでいます。

あの日は陶器市初日で暑いくらいのお天気に恵まれ
歩いても歩いてもあまりにも大規模で街の至るところにテントも張り巡らされ到底周りきれませんでした。
と、いうか私の体が足がついていけませんでした。
   

三日目の会津若松も素敵な街並みでした。

娘は商品の卸しの仕事もしっかりして来たし
私も有意義で楽しい旅行のまま幕を下ろす事が出来てありがとうです。


帰ってから私はまた仕事の毎日でしたが
娘はゴールデンウイーク中、今度引っ越しする家の掃除に追われる毎日です。

    今は桜もしっかり散ってしまい
    その名残が遣り遂げたかのように
    赤くいっぱい木の下に散らばっていました。
      花の命は短くて……
[PR]
by mosaku319 | 2012-05-05 17:02 | Comments(0)