模索中

mosaku319.exblog.jp
ブログトップ

母を見舞う

d0226286_16522015.jpg
d0226286_16522178.jpg


母の見舞いに三週間振りで行ってきました。


一人車を走らせるのも、だんだんに実家も遠く感じるほどに億劫になってきた。


母は看護室でお昼をしてました。

食欲がなくて気分転換に場所を変えてくれてました。


前回よりも笑顔も少なくなり元気も無くなったような・・・


本当に良く笑う母であり気丈に自分のことは頑張ろうと気力があったのに・・・


それでも私に気が付いた母は何度も
私の名前を確認するかのように呼んで強く手を握ってくる。



ご飯をほとんど食べてくれず喉越しのよいデザート系は何とか口に入れてくれるけどこれでは体力も衰えるだけ。


妹も母の好きな物を一生懸命運んでるみたいでした。


実家に一泊しゆっくりする。


ある日、実家では母の為に至る場所に手摺を付けてくれた。

それを頼ってトイレ、お風呂と頑張っていた母でした。

母はまた再びそれを伝って歩く日は来るのだろうか・・・・・・

可愛いく澄まし顔で笑ってくれるかな・・・

悲しい気持ちになりました。


今日もお昼に合わせて母の元へ。

車椅子で廊下を散歩し食欲のない母に活を入れ病院を後にしました。


途中で今回も能代ネギの束を求め、心が残る母を想いながらの帰り道でした。


母は二月が誕生日。
94歳になります。

[PR]
by mosaku319 | 2018-01-14 16:32 | Comments(6)
Commented by u831203 at 2018-01-14 20:48
後ろ髪ひかれますね
出来ることなら、数日でもいやしばらくいて
お世話ができるならと思いますね
遠くに住んでると余計思います。
いくつになっても母親は特別な存在ですね。
Commented by love-t_k at 2018-01-14 20:57
食欲がないのは困りますね
それに心配です
私の母は好き嫌いが激しかったのに最後の方にはその好き嫌いもわからないくらいでしたよ
会いに行くのは嬉しくもありなんだけど帰りがとっても辛いんですよね
Commented by mosaku319 at 2018-01-15 20:53
> love-t_kさん
そうなんですよね。元気だったらともかく心配だらけで帰ってきました。歳も歳だから仕方ないのかも知れませんがね。

母にもこんな時が来るなんて・・・・・
老いていくのはどうしようもないか・・・・・

Commented by mosaku319 at 2018-01-15 21:03
> u831203さん
そうですね。行きたいときに直ぐ行けないのは悲しいですよね。
秀子さんは遠いから尚更ですね。

でももう、甘えられないわ。
今度は母が、子供に返ったみたいでした。
Commented by momoseke at 2018-01-16 20:09
まぁ94歳なんですね。
お母さん、お顔がしっかりされてる。
うちの父
アルツハイマー型痴呆なんだけど
週3のペースでデイサービスに行ってるのね。
それで父が家に居る時に
会いに行くようにしてるのだけど
だんだん進んでいるのよね〜
やっぱりそんな姿、見ると哀しいよね。
冗談で「新人のヘルパーです」って
私が父の部屋に入ってくと
「だら!○谷○○子やないか!」と
ちゃんと反応してくれてます。
でもね、○谷は旧姓なのよね(๑˃̵ᴗ˂̵)
嫁に行ったことも忘れてるんやろか?
恐ろしや(~_~;)
Commented by mosaku319 at 2018-01-16 21:28
> momosekeさん
でも、明日は我が身の感じなんですよ。
最近は記憶力が恐ろしいほどに鈍いのよ私。

o(><;)(;><)o不安です

それにしても、元気な内は良いけれど、こうなると親も可哀想だなと悲しいです。
生きるということも苦しいと思ったりするよね。